【内緒で働きたいの!】マイナンバー制度でもキャバクラ勤務がバレない方法

確定申告時に「普通徴収」を選択する

短期間でたくさんのお金を稼ぐことができるナイトワーク。
でも、夜のお仕事をしていることを周囲の人に知られたくないという女の子はとても多いですよね。
マイナンバー制度ができたことで、「キャバクラ勤務がバレてしまうのではないか」と心配になっている人もいるでしょう。

確かに、この制度があることで、税務署には確実にキャバクラ嬢として働いていることがバレてしまいます。
キャバ嬢とマイナンバーについてはこのサイトで詳しく書かれてます。

昼間にOLなどの会社勤めをしていて夜にキャバクラ嬢に変身する人にとっては、税務署よりも昼間の勤務先に副業をしていることがバレるのが怖いという人もいるはずです。

副業バレを回避したいのなら

確定申告をするときに住民税の支払いを「特別徴収」ではなく「普通徴収」にしておかないといけません。

特別徴収というのは、昼間の勤務先が従業員の住民税をお給料から引いて税務署に支払うことを意味しています。
これを選択してしまうとキャバ嬢で働いて稼いだ分にかかる住民税も会社が代わりに納めることになって、「あれ?住民税の額が多いぞ」と副業していることに気づかれてしまうんです。
なので、必ず「普通徴収」を選択して、キャバクラ嬢の仕事の分の住民税を自分自身で支払う形を選ばないといけません。

お給料を手渡しでもらうようにする

キャバクラ店に勤務していることが、いつどんな形でバレてしまうか、それは意外と誰もわからないものです。
本当に、ちょっとしたことで周りの人にバレてしまうことがありますからね。
上で紹介したみたいに確定申告のやり方を注意すれば、とりあえず会社の人にはバレずに済みますけど、キャバ嬢やってることを内緒にしておきたい人たちは他にもいるはずです。

キャバクラ嬢としてのお給料は、とりあえず手渡しで受け取るようにしましょう。
こうすれば銀行口座に振り込まれることがないので、身近な人、例えば家族や彼氏などに通帳を見られてしまってもバレることはありません。
キャバクラ嬢のお給料は通常現金で手渡しだし、派遣の場合は全額日払いが基本で、これも当然手渡しで支給されますから、とりあえずは問題ないでしょう。

今のところ大丈夫ですけど、将来的にはマイナンバー一つで金融機関の口座が税務署などで確認できるようになる可能性が高いです。
こうしたことも考えれば、やっぱり今のうちからお給料は手渡しでもらうようにしておきたいですね。