【在籍と比べてどう?】派遣のキャバクラのメリット

キャバクラ店と労働契約をしてるわけじゃないのでノルマが一切ない

キャバクラ嬢をやってみたいと思っている女の子中には、「でもノルマがあるって聞くしなぁ…」と不安に思っている人も多いのではないでしょうか。
確かに、夜の世界にはしばしばノルマがあって、それが厳しいと稼ぎよりもペナルティなどによる出費の方が多くなるということもないわけではありません。

ただ、派遣のキャバクラ嬢を選ぶと、このノルマを感じることなく働くことができるんです。
これが派遣キャバ嬢の最大のメリットですね。

どうして派遣だとノルマがないの?

それは、特定のキャバクラ店と労働契約を結んでいるわけではないから。
ノルマというのはお店の売り上げを上げるためにお店側が設定するもの。
ノルマが達成できないキャストに対してはペナルティを負わせることで一生懸命頑張ってもらい、その頑張りが結果へとつながればお店の売り上げアップになると、そういう仕組みがあるわけです。

でも、派遣のキャバ嬢は勤務先店舗が毎回変わります。
売り上げノルマも指名ノルマも同伴ノルマも1ヶ月単位で設定されているお店がほとんど。
月どころか年に1回しかそのお店で働かないかもしれない派遣のキャバ嬢にノルマを設定しても無意味だし、そんなお店で働こうなんて考える派遣のキャバ嬢もいるわけがありません。

在籍の女性に対してもノルマが甘かったり緩かったりするお店が増えてきてますけど、派遣ならノルマは完全にゼロ!
プレッシャーを感じることなく働くことができちゃいますよ。

毎回派遣されるお店が違うから営業活動する必要がない

ノルマと同じくらいキャバクラ嬢にとってプレッシャーとなるのが、営業活動です。
プレッシャーでもあるし、何よりも面倒ですよね。

在籍キャバクラ嬢で営業活動を一切しなくてもいいのは、売れっ子の女の子か、もしくはお給料なんて低くても全然構わないと感じている人だけ。
前者はたくさん稼ぐことができます。
でも、後者は派遣のキャバ嬢よりも稼ぐことはできないでしょう。

派遣のキャバクラ嬢は毎回勤めるお店が変わるから営業活動も必要ない

営業活動というのは固定のお客様やリピーターを増やすための行為ですから、毎回勤務先の変わる派遣キャバ嬢には縁のない話なのは当然のこと。
「またお店来てくださ〜い」なんて言った女の子が、いつそのお店で再び働くかわからないなら、営業活動は完全に無意味なものになってしまいます。

そもそも、派遣のキャバクラ嬢はお客様とのメールアドレスや電話番号、LINEのIDなどの交換が基本禁止されていますね!
営業活動がしたくても男性の連絡先をゲットすることができないので、物理的にも無理なんですね。
その反面、男性から言い寄られても堂々と断ることができるし、プライベートな時間を営業活動や男性客からの連絡の相手などに割く必要もないので、私生活と仕事とをしっかりと分けることができるというメリットにもつながるんです。

このようなメリットは、特に学生さんやOLさん、主婦の方にとっては本当にありがたいと感じるのではないでしょうか。