【人生そう上手くはいかない】派遣のキャバクラのデメリット

絶対に仕事がある保証が無いから収入が不安定

派遣キャバ嬢として働くメリットは、ノルマや営業活動がなく、働きたい時だけ働けばいい自由な勤務スタイルなどですけど、デメリットが全くないわけではありません。
派遣キャバ嬢を知るには、ここを無視することはできないので、ちゃんと頭に入れておきましょう。

派遣のキャバクラ嬢になるには、キャバクラ店と契約している派遣会社に登録しなければいけません。
これ自体は簡単だし誰でもすぐに登録できるので、特に問題はないはずです。

登録した派遣会社は、派遣できるキャバクラ店の情報を常にサイトで公開しています。
登録女性はそれぞれマイページを持つことができて、そこでお仕事情報をチェックしたり予約したりできるような仕組みになっているんです。
ただ、このマイページに常にお仕事情報が掲載されているかと言えば、そうとも限りません。
”100%毎日お仕事がある保証がない”これが派遣の一つのデメリットなんですね。

お仕事したいのに派遣してもらえるお店がない日が続いてしまえば、当然収入も不安定になります。
「今月は毎日働いてバリバリ稼ぎたい!」と意気込んでも、肝心のお仕事がないとキャバ嬢として稼ぐことができないわけです。

在籍キャバ嬢であれば勤務するお店は決まっているから希望すればシフトに入れてもらえるし、仮にシフトに入れない日があっても、他の日に指名数や売り上げなんかを上げれば、休んだ日の分を取り返すことも可能。
派遣だとそれが難しいから、どうしても収入が不安定になってしまう人も出てきてしまいます。

複数の派遣会社に登録しておけばデメリットが回避できる

ただ、派遣会社はいくつも登録できるので、どこかの会社で仕事がなければ別の会社で仕事をもらうということは可能です。
そんな仕組みもうまく使いながら働けば、このデメリットはさほど大きなものにはならないでしょう。

固定給以外の収入が無いから稼げる金額に上限がある

 

上の方でチラッと、在籍キャバ嬢なら指名数や売り上げを上げれば休んだ日の分を取り返すことができるって言いましたけど、これはいわゆる「バック」と呼ばれるお給料システムのことで、在籍キャバ嬢は時給プラスこのバックでお給料を荒稼ぎすることができる仕組みになっています。
派遣キャバ嬢のデメリットの一つには、この”バックが得られない”という問題があるんですね。

時給は固定給なので、容姿や人気、実力や能力などに左右されることなく、この時給分は確実に受け取ることができる派遣キャバクラ嬢。
でも、例え派遣されたお店でたくさん場内指名をもらったりお客様が自分のためにお酒をジャンジャン頼んでくれても、その分の指名バックや売り上げバックを受け取ることはできません。
これをまとめてしまうと、稼げる金額に上限があるのが派遣キャバクラ嬢のデメリット、ということになります。

時給が4,000円だとして、1日に5時間働いたとしたら、日給は20,000円ですよね。
それで月に20日働いたとしたら、月給は40万円ということになります。
稼ぎとしてはまあまあですけど、これ以上はなかなか望めません。
在籍キャバ嬢はこれにあらゆるバックがつくから、同じ時給で同じ時間・日数働いたとしても、月給が60万円とか80万円とかになる可能性があります。
これが派遣と在籍の差。

派遣にもバックをつけてくれるお店もありますけど、まだまだ少ないのが現状だし、それをつけてもらっても、やっぱり限界はあります。
そんな派遣キャバ嬢の欠点も頭に入れておくと、働き方を選ぶときの参考になるのではないでしょうか。