【単発なら体入で良くない?】体験入店と派遣の違い

体験入店は「本入店」を前提としたお試し勤務

「いつも違うお店で働くなら、派遣じゃなくて体験入店でよくない?」という意見が聞こえてくることがありますけど、これは派遣で働いたり体験入店で働いたりしたことがない女の子の意見なのかもしれません。

確かに、深く考えなければこの2つは似てますよね。
特に、単発でお仕事をするという点では。
でも、実は結構違いがあるんです。

体験入店とは

そもそも体験入店は「本入店」を前提として、お店側は受け入れてくれているもの。
つまり、体入の後には本入店(在籍)するか否かの決断が待っていることになります。

「そのお店の雰囲気はどんな感じだろう?」
「お店のスタッフさんは良い人たちかな?」
「客層などんな感じなんだろう?」

こうしたことを体入でチェックして、自分に合っているかどうかを判断した上で本入店するかどうかを決めるわけですね。

派遣として働くこととは

でも、派遣は全然違います。
その先に本入店はありません。
お店の雰囲気やスタッフの対応、客層などをチェックするために派遣で働いているのではなく、派遣で働くことそのものが一つのキャバクラ嬢としての勤務スタイルとなっているんです。
なので、体験入店の場合はどのお店も1回切りしか受け付けてくれませんが、派遣なら何度も同じお店で働くこともできます。

単発といっても、両者にはこれだけ明確な違いがあるので、ちゃんと理解した上で働き方を選ぶようにしてください。

キャバクラのスタッフや在籍キャバ嬢の態度

これも実際に働いてみないとわからないことなんですけど、体験入店と派遣では、働くお店のスタッフやキャストの女性の態度・対応も変わることがあるんです。

本当にざっくりとした言い方ですし、お店によっても全然違うんですけど、体験入店で働く場合はスタッフやキャストの女性は優しく接してくれますが、派遣の場合にはちょっと冷たい対応を取られることも少なくありません。
その理由は、体入はこの後に本入店が控えている可能性が高く、でも、派遣は1度きりで終わってしまう可能性が高いからです。

誰でも、今後も会うような人には優しく接しますよね。
嫌われたくないし、本入店を保留されたり断られたりしたくもないですから。
でも、もう二度と会わない可能性が高いと思えば、敢えて優しくする必要はないと思われても仕方がないでしょう。

ボーイの男性は、体入でも派遣でも優しくしてくれることが多いです。
冷たくされるとすれば、そのお店の在籍キャバ嬢の方。
派遣キャバ嬢が可愛かったり男性客からチヤホヤされていると、なおさら冷たい態度を取られてしまうかもしれません。

もしそんな目にあったら、もうそのお店で働かなければいいだけですけど、一応こんな違いが体入と派遣にはあると知っておくと為になるのではないでしょうか。