【在籍向き?派遣向き?】自分と向き合って適性を確認しよう

『負けず嫌いな人』が在籍のキャバ嬢に向いている理由

 

同じキャバクラ嬢というお仕事でも、お店に在籍するのと派遣スタイルで働くのとでは、かなりの違いがあります。
女の子によって、在籍が向いているのか、それとも派遣が向いているのか、これも異なるので、「自分はどっちが向いているんだろう?」とちょっと冷静になって考えてみてから、働き方やスタイルを選んだ方がいいのかもしれません。

在籍キャバクラ嬢に向いているのは、『負けず嫌いの女の子』ですね。
在籍の特徴は、人気によって時給やお給料の額が大幅に変わること。
つまり、人気が上がれば上がるほど時給&お給料がアップするので、負けず嫌いの性格を持っていれば、ジャンジャン稼げる可能性を秘めていることになります。

逆に、「別に負けてもいいや」なんて思うような女の子だと、時給額は派遣の女の子よりも低くなってしまうでしょう。
それが在籍キャバクラ嬢の厳しい現実。

負けず嫌いのキャバ嬢は負けん気でのし上がれる

他のキャストの女性に負けたくないという気持ちも大事ですけど、自分に対して「負けたくない!」という気持ちを持っている女の子も、在籍の方が向いてますね。
自分に甘い女の子だと、どうしても努力を怠ってしまいますから。
努力しなければ人気も取れないし、悔しいという思いにもなりません。
それだと、せっかくキャバクラで働いていても、時給2,000円とか月収8万円とか、その程度で終わってしまいます。

「派遣は負けず嫌いの女の子には向いていないのか?」と聞かれれば、そんなことはありません。
派遣でも負けず嫌いの性格を持っていれば努力するだろうし、場内指名を取れたり接客が上達したりもするでしょう。

ただ、派遣はどんなに人気が出たり実力がアップしても、それがお給料にほとんど反映されないシステムになっているんですね。
だったら、負けず嫌いを生かして、実力次第でお給料がドーンと上がる在籍キャバ嬢の方が向いていますよね?というお話です。

『ナイトワーク未経験者』が派遣のキャバ嬢に向いている理由

 

在籍のキャバクラ嬢に向いている女の子の性格はわかったのではないでしょうか。
では、派遣のキャバクラ嬢に向いているのは、どんな女の子なのでしょう。
ここでは性格的なことよりも、“経験”にフォーカスしてみます。

ズバリ、派遣のキャバ嬢に向いているのは『ナイトワーク未経験者』。
夜のお仕事の経験がないことのデメリットってなんだと思いますか?
一番は、稼ぎにくいことです。
当然ですよね、どんな風にお客様の心を掴んだらいいのか、そのためにはどんな風に振る舞ったらいいのか、経験がなければわからないわけですから。

お客様の心も掴めず、ただただそこに座っているだけだと、高いお給料を受け取ることができません。
でもこれは在籍を選んだ女性の場合です。

派遣のキャバ嬢なら決められた時給分は必ず貰える

派遣だったら、お客様の心が掴めなくても、ただただ座っているだけでも、最初に約束された時給をちゃんと受け取ることができます。
派遣キャバ嬢の時給相場は3,500円から4,000円くらいですから、全く人気の取れない在籍のキャバ嬢よりも、その額は上であることが多いんです。

それに、一度どこかのお店に在籍してしまうと、他に良さげなお店が見つかったとしても、そこに移ることは簡単ではありません。
もちろん可能なんですけど、いいお店が見つかる度に働く店舗を変えていたら大変ですよね。
派遣は毎回違うお店で働くことができます。

そこで夜のお仕事に慣れて、もし「もっとたくさん稼ぎたい!」という気持ちがどんどん湧き上がって『負けず嫌いな性格』が出てきたら、派遣の経験をもとに優良店舗を選択して在籍するという形にすれば、より無駄なくキャバ嬢という仕事を続けることができるはずです。

慣れてない段階からそこそこのお給料がもらえて、キャバ嬢の仕事を知ることができて、将来にも繋げられる、そのメリットを考えたら、やっぱりナイトワーク未経験者は派遣キャバ嬢の方が向いていますよね。