【派遣のキャバクラの仕組み】最初に知っておきたい基礎知識

女の子が契約しているのは人材派遣会社

「派遣でもなんでも、キャバクラ嬢はキャバクラ嬢でしょ」と考える女の子も多いかもしれません。
確かにそれは間違いないんですけど、でもこれから派遣キャバクラ嬢として働こうと思っているなら、普通にお店に在籍しているキャストの女性との立場の違いについては知っておいて損はないでしょう。

在籍キャバ嬢の場合

在籍スタイルで働いている女性は、それぞれのお店と雇用契約を結んでいます。
お店に直接雇われているわけですね。派遣キャバクラ嬢はお店に雇われているわけではありません。

派遣のキャバ嬢の場合

派遣スタイルで働く女の子が契約しているのは、いわゆる“人材派遣会社”です。
人材派遣会社というのは大体が登録制になっていて、登録した人が、キャバクラの場合はそれぞれの店舗に派遣会社から派遣されて働くという形。

お店に雇われているか、それとも派遣会社と契約しているかで、働き方にもいろんな違いが出てきます。
例えば、在籍タイプのキャバ嬢はお給料をお店から受け取りますけど、派遣タイプの女の子は派遣会社から受け取ります。
派遣で実際に仕事をすると、面倒さを省くために仕事終わりにお店のスタッフからお給料を受け取ることも多いですが、厳密にはそのお給料は派遣会社から支払われているものなんですね。

派遣であれば、お店の人から出勤ペースについていろいろ指摘されたりすることもありません。
在籍キャバクラ嬢とトラブルに発展することも、まずないでしょう。
働くお店を変えるたびに面接を受けなくちゃいけないとかもないんです。
面接は人材派遣会社に登録するときの1回のみ
いくつもの派遣会社に登録するならそのたびに面接や面談がありますけど、お店側に審査されたりすることはありませんよ。

人材派遣会社の利益のあげかた

キャバクラの人材派遣会社って、そもそもどのようにして利益を上げているんでしょうか。
ちょっとややこしい話になるかもしれませんけど、これを知っていると、もしかしたら派遣会社選びも正しく行えるようになるかもしれません。

お店に直接雇われているキャバクラ嬢は、言ってみれば自分と店舗との1対1の関係性ですよね。
力関係はいろいろとあるでしょうけど…(汗)。
派遣キャバクラ嬢の場合には、自分と派遣会社と店舗の1対1対1の関係なんです。
言い換えれば、三角関係ということになります。

「今日は在籍キャストの出勤が少ない、もう数人女の子がいないと困る」とお店側が感じたら、契約している派遣会社に、「女の子を派遣してほしい!」と要請をします。
それを受けて派遣会社は登録している女の子たちに対して、「こんなお店が女の子を募集してまーす」と伝えるわけですね。
それをチェックした女の子の中で「働いてもいいですよ」と手を挙げる人が現れたら、その子は店舗へ行って、キャバクラ嬢としての仕事をこなす。
と、派遣のキャバクラはこんな仕組みになっているんです。

人材派遣会社は女の子を店舗に派遣する代わりに、お店側から「紹介料」を受け取っています。
そのうちの数千円が、登録している女の子にお給料として渡されるわけです。
もちろん、残りの分は派遣会社の利益になるんですけど、その額がいくらなのかはわかりません。
わかっていることは、女の子がたくさん登録すればするほど、契約店舗数が増えれば増えるほど、人材派遣会社の利益も上がるということですね。

派遣会社によっては、契約している店舗とコミュニケーションを図りながら、派遣する女の子のレベルに応じて紹介料をアップするよう交渉したりもしています。
こうやって利益はもちろん、登録している女の子の取り分(時給)も上げてもらうよう、日々努力しているわけです。

キャバクラ派遣を利用するお店にはどんなメリットがある?

イベント時にキャスト数を増やしてお客様の満足度を上げる

 

結構前からこの派遣キャバクラ嬢のスタイルはあったんですけど、でも人気が出てきて利用者も増えたのは、ここ数年のこと。
急激にキャバクラ派遣会社も増えてきました。

そもそも、このキャバクラ派遣ってお店側にとってはどんなメリットがあるんでしょうか。
もしメリットがなければキャバ嬢を派遣してもらう必要もないですし、それだとここまで急速に需要は増えないですよね。

派遣を利用するキャバクラ店にとって最大のメリットは、キャストの女の子の数を補充できるところにあります。
それぞれのお店には在籍キャバ嬢がいて、その女性たちのシフトを組んでお客様に対応しているわけですけど、どうしても十分なキャスト数のシフトが組めなかったり、もしくは当日欠勤をしたキャストがいると、人数が少なくてお客様に対して十分なサービスが提供できなくなってしまうんです。
特に、重要なイベント時に女の子の数が少ないと、お客様はがっかりしてしまいますよね。

そこで利用するのが、派遣のキャバクラ嬢。
どうしても女の子がたくさん欲しいイベント時などに派遣会社から女の子を派遣してもらうことで、「とても賑やかな店舗」であることを演出することができます。
お客様もたくさんの女の子に囲まれることができるから満足度のアップも確実。

お店側にとって派遣のキャバクラ嬢は、もうなくてはならない存在になっていることは間違いないでしょう。

様々なタイプのキャストを用意してリピート率を上げる

 
画像引用元:https://natalie.mu/music/news/204875

男性のお客様は、だいたい通うキャバクラ店が限られてきてしまいます。
会社の近く、家までの帰り道、取引相手の会社の近くなどなど、いつも通うお店がだんだん絞られてきて、「キャバクラに行こうかな」と思うと、多くの男性は同じお店に足を運ぶことになるんです。

同じお店に行くということは、そこにはいつもと同じ女の子がいるということ。
女の子にはちょっと失礼ですけど、男の人ってとても贅沢で、たまには他の女の子をつまみ食いしてみたくなる生き物なんですよね。
もしいつもと同じお店に行って、でもいつも見るのとは違う女の子がいたらどう思うでしょうか。
「おっ!新鮮!」と、きっと思うことでしょう。

そうした効果を狙うためにお店側が利用するのが、派遣のキャバ嬢です。
キャバクラ店としては、派遣を利用することで毎回異なるタイプの女の子に働いてもらうことができるので、お客様を常に新鮮な気持ちにすることができて、これがリピート率アップにつながるんです。

お客様には、その女の子が派遣か在籍かなんてわからないですからね。
なので、いろんなタイプのキャストが用意できる派遣というシステムは、お店側にとってかなり重宝するものになっていて、需要も大幅に増えているというわけ。
これが派遣キャバ嬢の必要性です。